本文を印刷する

情報処理技術者試験

【第八回EPM-Xセミナー】EPM-X 導入と設定の概要

開催情報

   昨今、ソフトウェア開発の短納期化・低コスト化はさらに進んでいます。そのため、納期の遵守やソフトウェアの 品質確保に向けては、プロジェクトの実行過程において発生する定量データを活用して、進捗や品質の状況を 視覚的に表現し、リスク顕在化の兆候に速やかに把握するための定量的マネジメントが求められています。

  IPA/SECでは、プロジェクトの定量的マネジメントのプラットフォーム「定量的プロジェクト管理ツール(EPM-X)」を 2012年4月にオープンソースとして公開しました。以来、1万件以上のダウンロード実績を数え、多くのプロ ジェクトに適用されています。
本セミナーでは、EPM-X活用の第一歩である導入と設定の概要、及び導入プロジェクトの考慮点について ご説明致します。

主催 一般社団法人実践的プロジェクトマネジメント推進協会(PPMA
共催 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
開催日時 2013年12月25日(水)15:00〜17:00
開催場所 〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス13階
独立行政法人情報処理推進機構内 会議室
アクセスマップ
定員 50名
参加費 無料(事前登録制)
申込方法 下記Webページよりお願いします。
セミナーご案内ページ(PPMA)
お問合わせ このセミナーに関するお問い合せは、下記へお願いします。
PPMA Webページ(http://ppma.jp/htdocs/お問合せ/)からメールにて受け付けます。
※お問い合わせの際は、「第八回EPM-Xセミナーの件」と記入してください。

プログラム

時刻 概要
14:30 受付
15:00〜
15:50
EPM-X 導入プロジェクトの概要
15:50〜
16:00
休憩
16:00〜
16:50
EPM-X 導入と設定の概要
16:50〜
17:00
クロージング