本文を印刷する

情報処理技術者試験

ソフトウェア開発定量データ活用の基礎
〜自社内「ソフトウェア開発データ白書」の構築・利用を通して〜

開催情報

   IPA/SECでは2004年度よりプロジェクトデータを収集・分析し、その結果を「ソフトウェア開発データ白書」として発行しています。また、IPA/SECのWebサイト上で稼働する「プロジェクト診断支援ツール」を公開しています。これまで数年間に亘り、データ白書から見た定量データ活用セミナーを開催してきました。内容が少し難しいというセミナー参加者の声を受け、改めて基本に立ち返り、統計データ利用の基礎や 自社内でデータ白書を構築するためのノウハウ、現場に展開する際の留意点など、事例を交えてご紹介します。

※2012年9月25日発行の書籍「ソフトウェア開発データ白書2012-2013」を配布します。
※本セミナーはこれまでに開催した『「ソフトウェア開発データ白書」と定量データの活用方法』の内容を初心者の方に向けて大幅に見直したものですが、一部同一の内容が含まれています。

UP  講演資料を公開しました。プログラム概要欄よりダウンロードいただけます。

主催 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
技術本部 ソフトウェア高信頼化センター
開催日時 2014年9月3日(水)13:30〜17:30
開催場所 〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス13階
独立行政法人情報処理推進機構内 会議室
アクセスマップ
定員 80名
参加費 2,000円(税込)
・参加費は、会場受付時に現金でお支払いをお願い致します。
・受付にて、領収証を発行致します。
・お釣りのないようにご用意をお願い致します。
募集対象 ユーザー系、ベンダー系を問わず、開発現場のプロジェクトからデータを収集し、精査・分析を通して 自社内データ白書を構築している方。また現場へのフィードバックや普及展開・教育を担当している方。定量データの組織的活用サイクルを推進する管理部門の方。特にまだご経験の浅い方、これから活動を始められるという方。
配布物 「ソフトウェア開発データ白書2012-2013」

※参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
※お席に限りがありますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をお願いさせていただく場合があります。

ITコーディネータの方へ

本セミナーは、ITコーディネータ協会(ITCA)に後援をいただいていますので、実践力ポイント獲得の機会となります。ITコーディネータの方も奮ってご参加ください。
※ポイント認定につきましては、遅刻・早退を認めておりませんので、あらかじめご了承ください。

出席証明書はセミナー受付時にお渡ししますのでお申し出ください。  
セミナー終了後、事務局確認印を押印いたします。
氏名、ITC資格No.をご記入の上、受付にお越しください。(事務局確認印が無い場合、ポイントは無効です)

プログラム

※終了時刻が17:30に変更となりました。ご注意ください。

時刻 概要
13:00 受付
13:30〜
17:30
ソフトウェア開発定量データ活用の基礎

1.定量データ活用の必要性
2.統計データ活用の基礎
3.データ白書構築・普及展開の留意点
4.定量データの活用事例
5.実践的活用をサポートするツール

IPA/SEC連携委員
SCSK株式会社
小椋  隆 氏

ソフトウェア開発定量データ活用の基礎PDF[3.56MB]

参加申込み

締め切り日時:2014年9月2日(火)  17時00分

お申込みは締め切りました。