本文を印刷する

情報処理技術者試験

2015年度 第2回ASIF応用技術セミナー
〜組込みシステム障害未然防止のための体験型ワークショップセミナー〜

開催情報

  独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)では、重要インフラなどに使用される製品や制御システムが引き起こす組込みシステム障害の未然/再発防止・影響範囲の縮小を目指して、過去に発生した障害を収集・分析し、そこから得られた知見を「情報処理システム高信頼化教訓集(製品・制御システム編)」としてとりまとめました。
  このたび、車載組込みシステムフォーラム(ASIF)主催の応用技術セミナーにおいて、この教訓集を用いた体験型ワークショップを開催します。
  本ワークショップでは、障害から根本原因の深堀りを行い再発防止策を立案し、さらに未然防止の教訓を得る一連のプロセスを追体験することができます。

※詳しくは、セミナー開催案内(ASIF) をご確認ください

主催 車載組込みシステムフォーラム(ASIF
共催 名古屋市工業研究所
独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
開催日時 2015年9月10日(木)10:00〜16:30
開催場所 名古屋市工業研究所 管理棟4階 第二会議室(アクセスマップ
(名古屋市熱田区六番3-4-41)
定員 30名
参加費 ※詳しくは、セミナー開催案内(ASIF) をご確認ください
申込方法 下記Webページよりお申込みください。
セミナー参加申込みフォーム(ASIF)

・申込み期限:2015年9月3日(水)
・先着順で受付けます。期限前でも定員(30名)になり次第締め切ります。
・本セミナーは定員が少ないため、確実にご参加いただける方でお申し込みください。
対象 ソフトウェアを含む組込み製品・システムの開発に関わるリーダ並びにリーダ候補の技術者で、システム障害から得られる知見を再発防止や未然防止に展開する実践活動に興味を持っている方。ソフトウェア・ハードウェア設計を行う上で、上位システムで起きやすい問題を未然に防止したいと日頃感じている方。また今後車載システム開発に関わるご予定のある企業の技術者の方など。
お問合せ 車載組込みシステムフォーラム(ASIF)事務局
※詳しくは、セミナー開催案内(ASIF) をご確認ください

プログラム

時刻 概要
9:30 受付
10:00〜
10:05
開催ご挨拶
10:05〜
10:45
講義:「失敗事例に学ぶ」

製品制御システムのトラブルの原因分析・対策立案・教訓化のためのアプローチ方法を紹介します。

IPA/SEC 調査役 
三原 幸博
10:45〜
16:20
(昼休憩1h)
演習:「障害事例の分析から再発防止・未然防止策を作成」

障害事例の原因分析とトラブルを未然防止/再発防止するアプローチ方法を事例に基いてグループ演習します。チーム発表とグループ演習を繰り返します。

IPA/SEC 調査役 
三原 幸博

IPA/SEC 調査役 
石田 茂

IPA/SEC 研究員 
松田 充弘
16:20〜
16:30
質疑応答