本文を印刷する

情報処理技術者試験

第10回要求シンポジウム
要求定義の今と未来
〜イノベーション/モダナイゼーション時代の要求定義のヒントを事例から探る〜

開催情報

  情報システムにおいては、技術の発展、時流から、新たなビジネス価値を創出するためのイノベーション領域と、基幹業務を確実に遂行するモダナイゼーション領域を区別し、それぞれを強化することが経営に直結する課題となりました。それぞれには下記のような課題があり、システム開発の上流工程における要求定義の難易度が増しています。

  1. イノベーション領域における、見えない要求、変化する要求への対応
  2. モダナイゼーション領域における、システムの大規模化、複雑化、有識者不在の中での要求定義
  3. 両領域における、価値を生み出す要求定義、上流工程の確実な実施による要求の抜け漏れ防止

  本シンポジウムでは、IPAが上記の課題認識のもとに行った取り組みの成果を紹介します。また、ユーザ企業の方々がどのような課題認識のもとで、どのような取り組みを行っているかについて発表いただき、参加される皆様の課題解決のヒントになることを狙いとしています。

共催 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
株式会社NTTデータ
富士通株式会社
後援 一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(ITCA)
開催日時 2017年3月10日(金)13:30〜17:50
開催場所 NTT DATA 駒場研修センター
東京都目黒区駒場2-18-2(アクセス情報
定員 200名
参加費 無料
募集対象 要求定義に興味を持つ方(企業の業務部門/システム部門の方、IT業界関係者の方、教育機関の方)
開催案内 セミナーご案内チラシ

ITコーディネータの方へ

本セミナーは、ITコーディネータ協会(ITCA)に後援をいただいていますので、実践力ポイント獲得の機会となります。ITコーディネータの方も奮ってご参加ください。
※ポイント認定につきましては、遅刻・早退を認めておりませんので、あらかじめご了承ください。

出席証明書はセミナー受付時にお渡ししますのでお申し出ください。  
セミナー終了後、事務局確認印を押印いたします。
氏名、ITC資格No.をご記入の上、受付にお越しください。(事務局確認印が無い場合、ポイントは無効です)

プログラム

※講演者、プログラムにつきましては変更になる場合があります。

時刻 概要
13:00 受付
13:30〜
13:35
開会のご挨拶

IPA/SEC 所長
松本 隆明
13:35〜
14:15
基調講演:
全社視点の要求マネジメント 〜システム論的要求の扱い〜


ITイノベーションでは、効率的な価値創出のために要求仮説のマネジメントが必要です。ITモダナイゼーションでは、再利用を推進するために現行要求のマネジメントが必要です。
本講演では、要件定義ガイドと再構築ガイドで求められる要求マネジメント手法を説明します。また、個別システムを超えた、全社視点の要求マネジメントの重要性を指摘するとともに、その手法を紹介します。

IPA/SEC システム構築上流工程強化部会 主査
国立大学法人 名古屋大学 教授
山本 修一郎 氏
14:15〜
14:35
「ユーザのための要件定義ガイド 〜要求を明確にするための勘どころ〜」のご紹介

システム開発のプロジェクトは、以前に比べて改善されたとはいえ相変わらずQCD(品質、コスト、納期)問題が発生しています。その原因の約半数は要件定義に起因します。この解決には経営者、ユーザ企業の業務部門、システム部門、ベンダ企業の協力が欠かせません。
それぞれの立場でどうすべきかの提言、役割分担、要件定義の勘どころを紹介します。

IPA/SEC システム化要求WG 主査
一般社団法人アドバンスト・ビジネス創造協会
岩佐 洋司 氏
14:35〜
14:55
「システム再構築を成功に導くユーザガイド
〜ユーザとベンダで共有する再構築のリスクと対策〜」のご紹介


長期間にわたる維持保守と度重なる追加開発によって肥大化・複雑化・属人化が進んだシステムをいかに安全かつ確実に再構築するかが情報システム業界全体の課題となっています。今回、ユーザ企業とベンダ企業の間でこうした課題を明確化し、再構築計画を策定するためのプロセスをガイドに纏めましたので紹介します。

IPA/SEC モダナイゼーションWG 主査
株式会社NTTデータ
大山 宏 氏
14:55〜
15:25
モダナイゼーション事例:
再構築プロジェクトだからこそ知っておきたい、上流工程におけるコミュニケーションのツボ


プロジェクトにおいて、コミュニケーションが大切なこと、そして、上手に取ることが難しいことを誰もが知っています。特に上流工程におけるコミュニケーションは、そのプロジェクトの行方を左右する1つの重要な要素となります。今回は、再構築プロジェクトを題材に事例を交えてお話させて頂くことで、押さえておきたいコミュニケーションのツボ(キーワードや場等)をお伝えします。

IPA/SEC モダナイゼーションWG 委員
東京海上日動システムズ株式会社
内藤 克郎 氏
15:25〜
15:40
休憩
15:40〜
16:25
招待講演:
イノベーションの機会発掘とシステムケーパビリティ
〜新たなアイディアがビジネスとして実装されるまで〜


2010年以降、経営者は、企業の持続的成長を実現させるため、イノベーションに期待を寄せています。イノベーションにおけるシステムの役割は、新たなビジネスを「探索するプロセス」と、「実装(深化)するプロセス」とでは要求される思考や行動様式が全く異なります。これらの違いを理解するために「イノベーション」、及び「プロセス」の定義にまで遡り理解し、システムケーパビリティを確実に育成しなければなりません。

特定非営利活動法人 CeFIL デジタルビジネス・イノベーションセンター
副代表 兼 チーフディレクター
東京理科大学 客員教授/九州工業大学 客員教授
小西 一有 氏
16:25〜
17:05
イノベーション事例1:
Made by imagination
〜様々なアイデアやデザインを実現できる環境作り〜


シタテルは、縫製工場含む250の縫製事業者と連携し、インターネットを通して、「いつ・どこであっても」技術の高い縫製工場で衣服の生産インフラを必要とする人々が自由に利用することができる環境を創り出しました。一企業ではなし得ない、”シェアリング”サービスを興した背景・ニーズ、複数事業者をつなぐ上で工夫したことを紹介します。

シタテル株式会社 代表取締役
河野 秀和 氏
17:05〜
17:45
イノベーション事例2:
IoT時代に求められる要求定義


Qrioは、スマートフォンで鍵の操作が可能になるデバイス「Qrio Smart Lock」を2015年9月より提供開始しております。リリース時より、クラウドファンディングを活用したテストマーケティングや、独自のユーザ調査をもとに常に利用者が求める体験に焦点をあてサービスを提供しています。
製品リリースと同時にAPI/SDKの提供も開始しており、不動産関連会社を始め様々な企業との協業も展開しております。様々な企業が抱える課題やニーズをどのように製品やサービスに落とし込んでいるのか。事例も交えて紹介します。

Qrio株式会社
営業企画部 マネージャー
佐藤 竜斗 氏
17:45〜
17:50
閉会のご挨拶

株式会社NTTデータ
生産技術部 技術部長
戸村 元久 氏

参加申し込み

締め切り日時:2017年3月9日(木)  17時00分

※申込み後にこのページに表示される受講票をプリントアウトしてご持参ください。
 スマートフォンやタブレット端末でご提示いただくことも可能です。
※参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。

お申し込みは締め切りました。