本文を印刷する

情報処理技術者試験

コーディング技法で守るモビリティ社会のセキュリティ

開催情報

  IPA/SECでは、コーディング作法ガイド(ESCR)を作成し、欧州自動車業界団体MISRA(The Motor Industry Software Reliability Association)と連携して普及活動を実施しています。MISRA C/C++は、C/C++言語による安全で信頼性のあるソフトウェアを開発するためのコーディングガイドラインであり、これらは自動車業界を中心に広範に運用されている標準技法です。
  本セミナーでは、MISRA C/C++を活用したセキュリティへの取組みや、欧州のコーディング技法の状況、セキュリティ対応についてLDRA社から紹介するとともに、IPA/SECからESCRの最新状況を紹介します。

UP  講演資料を公開しました。プログラム概要欄よりダウンロードいただけます。

主催 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
後援 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(ITCA)
開催日時 2017年4月24日(月)13:30〜17:00
開催場所 〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス13階
独立行政法人情報処理推進機構内 会議室
アクセスマップ
定員 50名
参加費 2,000円(税込)
・参加費は、会場受付時に現金でお支払いをお願い致します。
・受付にて、領収証を発行致します。
・お釣りのないようにご用意をお願い致します。
募集対象 自動車業界、組込み分野に関係するソフトウェア技術者
配布物 ・SEC BOOKS「ESCR C++ Ver. 2.0
・SEC journal最新号
・事業成果集DVD 「IPA/SEC 早わかり(2016年度上期版)」

※セミナー会場でのお食事はお断りしております。ご了承ください。(飲み物のお持ち込みは可能です。)

ITコーディネータの方へ

本セミナーは、ITコーディネータ協会(ITCA)に後援をいただいていますので、実践力ポイント獲得の機会となります。ITコーディネータの方も奮ってご参加ください。
※ポイント認定につきましては、遅刻・早退を認めておりませんので、あらかじめご了承ください。

出席証明書はセミナー受付時にお渡ししますのでお申し出ください。  
セミナー終了後、事務局確認印を押印いたします。
氏名、ITC資格No.をご記入の上、受付にお越しください。(事務局確認印が無い場合、ポイントは無効です)

プログラム

※プログラムが変更になる場合があります。

時刻 概要
13:00 受付
13:30〜
15:30
コネクテッド・カーの脅威とセキュリティ対策(逐次通訳付き)

日常生活に潜む脅威に対し、セキュリティ対策は必須であると考えられます。本講演では自動車に関係するセキュリティ対策として、ソフトウェアの標準(MISRA・CERTなど)や機能安全ISO 26262、コーディングやテストに関する内容を、欧州の動向などを交えながら説明します。

Operations Director, LDRA Ltd
Ian Hennell(イアン ハネル 氏)

富士設備工業株式会社
取締役 電子機器事業部長
浅野 義雄 氏
Software Security for the Connected Car[1.51MB]
15:30〜
15:40
休憩
15:40〜
16:10
CERT コーディングスタンダードのご紹介
〜脆弱性を生まないセキュアコーディングのために〜


SEI CERT Coding Standard は、脆弱性を作りこまない安全なソフトウェア開発にフォーカスしたコーディング規約集であり、現在も継続して更新が続けられています。JPCERT/CC では SEI CERT Coding Standard のC言語版とJava版を日本語化し、SEI CERT コーディングスタンダードとして提供しています。この講演では、SEI CERT コーディングスタンダードの最近の状況を交え、開発現場で活用するためのヒントをお伝えします。

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター
情報流通対策グループ リードアナリスト
戸田 洋三 氏
CERT コーディングスタンダード ご紹介[12.7MB]
16:10〜
16:40
ESCR C++ Ver.2.0の紹介
〜 組込みソフトウェア開発向けコーディング作法ガイドESCRの改訂について 〜


「組込みソフトウェア開発向けコーディング作法ガイド[C++言語版]」(ESCR C++)は、ソースコードの品質向上を目的として、コーディングの際に注意すべき事項やノウハウなどをJIS X 25010の品質特性を基に体系化したガイドです。今回、C++言 語規格の改版(C++11/C++14)に対応するとともに、2014年に実施したC言語版ESCRの改訂に合わせた改訂版(Ver. 2.0)を6年ぶりに発行しました。本講演では、この改訂の概要を紹介します。

IPA/SEC 調査役
十山 圭介
ESCR C++ Ver.2.0の紹介 [2.02MB]
16:40〜
17:00
質疑応答

参加申込み

締め切り日時:2017年4月23日(日)  17時00分



セミナーに関するよくある質問と回答はこちら

※セミナー申込み後にこのページに表示される受講票をプリントアウトしてご持参ください。
 スマートフォンやタブレット端末でご提示いただくことも可能です。
※参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。


※お席に限りがありますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をお願いさせていただく場合があります。

お申込みは締め切りました。