本文を印刷する

情報処理技術者試験

【北海道開催】デジタルイノベーションで創る"スマートな北海道"
〜経営者に必須な「IoT導入の指針とつながる世界の要件定義の重要性」の解説〜

開催情報

 スマートなIT社会を創るうえでは、新しいビジネスモデルの創出に加え、さまざまなモノがつながり複雑化するシステムの安全・安心な技術と、複雑化することによってより難しくなる要件定義の対策の重要性を認識して取り組んでいくことが重要です。
 本セミナーでは、北海道地区の経営者層を対象に、IoTのビジネスの動向、ビジネスを支える技術の概要を紹介します。札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアムの活動状況、北海道内の事例紹介を行い、ITに関する現状の理解、および安全・安心への意識を高め、地域でのデジタルイノベーションの促進を図ります。

共催 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
株式会社北海道ソフトウェア技術開発機構(DEOS)
経済産業省 北海道経済産業局
後援 一般社団法人北海道IT推進協会
開催日時 2017年9月7日(木)13:30〜17:00
開催場所 〒060-0808
札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 6階
北海道経済産業局 第1会議室(アクセスマップ別ウィンドウで開く
定員 90名
参加費 無料
募集対象 ITを活用したビジネスを検討している経営者、企業の幹部、マネージャークラスのエンジニア
配布物 ・SEC BOOKS「つながる世界の開発指針 第2版
・事業成果集DVD 「IPA/SEC 早わかり 2017」
開催案内 セミナーご案内チラシ

プログラム

※プログラムが変更になる場合があります。

時刻 概要
13:00 受付
13:30〜
13:35
オープニング

経済産業省
北海道経済産業局 地域経済部 部長
伊藤 英喜 氏
13:35〜
13:50
札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアムの活動状況について

北海道内大学の最先端かつ広範な研究開発と、サッポロバレーの意欲的なIT企業群という2つの札幌の強みを融合し、AIやFintechといった先端技術を活用したイノベーションの創出とエコシステムの構築を目指す、札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアムの活動状況について報告します。

札幌市経済観光局国際経済戦略室
IT・クリエイティブ産業担当課 IT産業担当係長
吉田 泰斗 氏
13:50〜
14:50
事例紹介「IoT活用による一次産業のスマート化」

株式会社ハイテックシステムは、水力発電所を中心に培ってきた計測・監視・制御システム技術分野へIoTを適用しています。
本講演では、高品質・高効率に生産するシステムや安全に自動化・省力化するシステムへのIoT適用事例として、堆肥製造システム(無線温度センサーと送風機制御による見える化)、及び他の事例を紹介します。また、開発の際に得られた要件定義の重要性についても説明し、実用化のポイントを解説します。

株式会社ハイテックシステム
専務取締役
酒井 裕司 氏
14:50〜
15:05
休憩(情報セキュリティ対策紹介)

あなたの会社のセキュリティドクター 〜中小企業向け情報セキュリティ対策の基本〜(上映時間:12分)
15:05〜
15:10
中小企業の情報セキュリティ対策自己宣言「SECURITY ACTION」のご紹介
15:10〜
16:00
IoT時代のサービス創出とそれを支える高信頼化

今後のつながる世界(IoT時代)では、色々な製品やシステムがつながり、新しい価値を持った製品、サービス、ビジネスの創出が期待されています。
本講演の前半では、その事例のいくつかを紹介します。
一方で、色々な品質の製品やシステムが勝手につながってしまうと、安全上の問題を引き起こす危険があります。そこで、つながる世界に潜むリスクを防止するために、開発サイド、サービス提供サイド、利用者サイドから留意すべき点を指針としてとりまとめました。
本講演の後半では、これらを解説するとともに、関連する取組み、産業界等への展開状況、IoT時代に有望視されているシステムズエンジニアリングについて紹介します。

IPA/SEC ソフトウェアグループリーダー
中尾 昌善
16:00〜
16:50
いっそう重要性を増すシステム開発の上流工程
〜企画・要件定義のポイントと見える化〜


ICTの役割は、業務支援からビジネスそのものの実施主体へと変わってきており、今やビジネスの要となっています。このような状況で競争優位を維持し続けるためには、ICTシステムのオーナーは、ビジネス環境の変化に機敏に対応すると共に、ビジネス要求を的確に反映することが必須です。一方、システム構築の上流工程に起因するトラブル(開発プロジェクトの失敗、サービス開始後のシステム障害の発生)が相変わらず多く、ICTシステムを活用して攻めと守りのビジネスを確実に進めるためには、システム開発の上流工程の強化が必要です。
本講演では、IPA/SECによる関連する取組みの内容について、主に経営層向けに説明します。

IPA/SEC システムグループリーダー
山下 博之
16:50〜
16:55
Q&A
16:55〜
17:00
クロージング

参加申込み

締め切り日時:2017年9月5日(火)  17時00分



個人情報の共同利用について

共催セミナーにおいて、弊機構が取得した個人情報を共催団体・企業に提供する場合があります。なお、提供する情報(氏名、会社名、所属・役職、メールアドレス)はセミナー開催に必要な最低限の範囲といたします。また、利用目的は、本セミナーの開催・運営に限るものとし、他の目的には利用いたしません。

上記事項に同意いただいた上で、お申し込みをお願いいたします。

<セミナーお申込みについて>
・セミナー申込み後にこのページに表示される受講票をプリントアウトしてご持参ください。
 スマートフォンやタブレット端末でご提示いただくことも可能です。
・参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
・お席に限りがありますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をお願いさせていただく場合があります。

 セミナーに関するよくある質問と回答はこちら

お申込みは締め切りました。