本文を印刷する

情報処理技術者試験

つながる世界に求められる利用時の品質
〜安全安心を実現するためにソフトウェア設計者が考慮すべきこと〜

開催情報

 IoT時代の到来を迎えて、様々な機器やサービスがインターネットを介してつながることにより、新たな製品やサービスが登場し、利便性の向上や新ビジネスの創出が期待されています。一方、IoT製品/サービスを操作した経験の少ない子供や高齢者をはじめ、習慣や文化の異なるユーザの増加が見込まれ、想定外のつなぎ方や操作の誤りなどにより、安全性を脅かす重大な事故や被害の発生も予測されます。想定外のつなぎ方や操作の誤りを事前に防ぐ、または被害を軽減する対策として、ユーザの特性や実際の利用状況など様々な要素を企画・設計時に考慮しておくことが重要です。
 IPA/SECは、設計時に考慮すべきつながる世界の利用時の品質の視点とポイントをとりまとめ、今年3月に報告書「つながる世界の利用時の品質〜IoT時代の安全と使いやすさを実現する設計〜」を公開しました。今回のセミナーでは、ユーザの誤った利用の回避や使いやすさに関連する利用時の品質についての解説と、それに対応するための視点とポイントを解説します。また、実際に利用時の品質を考慮している事例をご紹介します。IoT機器・システム・サービスの開発関係者の方々に是非ご聴講いただき、利用時の品質を考慮した設計への取組みの参考にしていただきたいと思います。

※本セミナーは、2017年5月31日開催のセミナー内容を一部変更したものです。

主催 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
後援(予定) 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構(HCD-Net)
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(ITCA)
開催日時 2017年10月4日(水)14:00〜16:45
開催場所 〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス13階
独立行政法人情報処理推進機構内 会議室
アクセスマップ
定員 50名
参加費 2,000円(税込)
・参加費は、会場受付時に現金でお支払いをお願いいたします。
・受付にて、領収証を発行いたします。
・お釣りのないようにご用意をお願いいたします。
募集対象 IoT機器本体やIoT機器を活用したサービスの経営層、その企画・設計・開発をしている現場リーダー・ソフトウェアエンジニア
配布物 ・SEC BOOKS「つながる世界の開発指針 第2版
・WG成果物「つながる世界の利用時の品質」ダイジェスト
・事業成果集DVD 「IPA/SEC 早わかり 2017」

※セミナー会場でのお食事はお断りしております。ご了承ください。(飲み物のお持ち込みは可能です。)

ITコーディネータの方へ

本セミナーは、ITコーディネータ協会(ITCA)に後援をいただいていますので、実践力ポイント獲得の機会となります。ITコーディネータの方も奮ってご参加ください。
※ポイント認定につきましては、遅刻・早退を認めておりませんので、あらかじめご了承ください。

出席証明書はセミナー受付時にお渡ししますのでお申し出ください。  
セミナー終了後、事務局確認印を押印いたします。
氏名、ITC資格No.をご記入の上、受付にお越しください。(事務局確認印が無い場合、ポイントは無効です)

プログラム

※プログラムが変更になる場合があります。

時刻 概要
13:30 受付
14:00〜
14:20
つながる世界の利用時の品質向上に向けたIPA/SECの取組み

利用者の安全安心のために、つながる世界の利用時の品質向上に向けて行っているIPA/SECの取組みについて紹介します。

IPA/SEC 研究員
西尾 桂子
14:20〜
15:00
つながる世界における利用時の品質
〜IoT時代の安全と使いやすさを実現する設計〜


つながる世界では、様々な場所に様々なユーザが存在するだけでなく、利用環境や利用方法も日々、変化していきます。そこでは、想像もつかない方法で利用され、危険を招くこともありえます。そのようなIoTの世界で、開発者はどのように利用時の品質を想定し、設計すべきでしょうか。
IPA/SECはつながる世界における利用時の品質へのリスク対策を検討してきました。実際の現場で発生している利用時の品質に関係する事例を集め、課題を抽出し、対策の方向性を出して15の視点として報告書「つながる世界の利用時の品質〜IoT時代の安全と使いやすさを実現する設計〜」にとりまとめました。
本講演ではこの報告書の策定経緯と15の視点について説明します。

IPA/SEC 研究員
遠山 真
15:00〜
15:10
休憩
15:10〜
15:50
[事例紹介1]
IoT製品/サービスに利用者の視点を取り入れる工夫
〜IoTと情報のユニバーサルデザイン〜


IoT製品/サービスを開発するには、利用者の視点に立った設計が不可欠です。しかし、実際の利用シーンを想定するためにはなんらかの工夫が必要です。
一般製品を高齢者・障害者にも使いやすくするためのガイドライン(JIS X 8341シリーズ)について紹介すると共に、講師が企業において調査・コンサルティングを実施した開発現場で体験した事例や調査などでの注意点を紹介します。

IPA/SEC 利用時品質検討WG 委員
清泉女学院大学 専任講師
株式会社ユーディット 取締役
榊原 直樹 氏
15:50〜
16:30
[事例紹介2]
SI・サービス事業における利用時の品質向上に向けた取組み


IoT時代では、様々なモノや人がネットワークでつながることで、次々と新たな価値が生み出されていきます。このような時代に、SI・サービス事業を発展させるためには、利用者にとって、本当に価値のあるシステムやサービスを提供しつづけることが必要です。そのためには、利用時の品質を向上させることが重要となり、これは、実際に使った時のユーザー体験(UX)を向上させることにほかなりません。
本講演では、SI・サービス事業において、お客様へ提供するシステムやサービスのUX向上を目指し、企画・提案時のプロセス設計や、人材育成、実案件の支援に取り組んだ事例を紹介します。

IPA/SEC 利用時品質検討WG 委員
日本電気株式会社 SI・サービス市場開発本部 シニアエキスパート
平松 健司 氏
16:30〜
16:45
質疑応答

参加申込み

締め切り日時:2017年10月3日(火)  17時00分



セミナーに関するよくある質問と回答はこちら

※セミナー申込み後にこのページに表示される受講票をプリントアウトしてご持参ください。
 スマートフォンやタブレット端末でご提示いただくことも可能です。
※参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。


※お席に限りがありますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をお願いさせていただく場合があります。


お申し込みにはログインが必要です。
ログインするとこの位置にお申し込みリンクが表示されます。

新規に利用者登録される方は下記のリンクをご覧ください。
新規登録