本文を印刷する

情報処理技術者試験

SECセミナー開催予定

 SECセミナーは、受益者負担の考え方により、原則有料で実施しております。参加費は、セミナー毎に金額が異なりますので、各セミナーのご案内ページをご確認ください。
※参加申込みは、セミナー開催日の1カ月前を目途に募集を開始します。(SECセミナー参加申込みに関する注意事項こちら
※新たに公開したセミナーはタイトルの上に newマーク が表示されます。
※過去に開催したセミナー情報はこちら (講演資料などを公開しています。)

開催予定一覧

  つながる世界の品質理解の共通化に向けて
〜開発・検証・人材育成の実践事例〜
概要 IPA/SECでは、ソフトウェア開発における共通的な品質モデルに着眼し、 国際規格SQuaREシリーズに基づき「つながる世界のソフトウェア品質ガイド」を作成しました。本セミナーでは、品質理解の共通化に向けた取り組みとして、SQuaREを実践している活用事例を中心に紹介します。
対象者 経営層、現場リーダー、ソフトウェアエンジニア
  開催日  2016年12月8日(木)14:00〜17:00
開催地  東京   参加費  1,000円(税込)

空席あります
  事例から学ぶITサービスの高信頼化へのアプローチ【第3回】
〜システム障害事例分析から導出した教訓共有のすすめ(演習付)〜
概要 情報処理システムが障害を起こした際に社会に与える影響は大きくなってきています。本セミナーではIPA/SECが収集したシステム障害事例情報の分析と対策の検討から得られた「情報処理システム高信頼化教訓集(ITサービス編)」を解説し、ワークショップ型式で事例分析の演習を行います。本セミナーを受講することでシステム障害対策への気づきが得られ自社での再発防止、未然防止に活用することが出来ます。
対象者 情報システムの企画、計画、設計、運用・保守、及び品質管理、システム監査に携わる方。
  開催日  2016年12月9日(金)13:30〜17:15
開催地  東京   参加費  2,000円(税込)

まもなく満席です
  SPEAK−IPA準アセッサ育成セミナー(Advanced)
〜プロセス・アセスメント研修(アドバンスト)〜
概要 当セミナーは、プロセスアセスメントを実施する人(アセッサ)はもとより、プロセス改善推進者がアセスメントのスキルを身に付け、活用することで改善活動が効果的に推進できるようになることをねらいとしています。アセスメントの国際規格ISO/IEC 15504に準拠したアセスメントキット「SPEAK-IPA」を使用したロールプレイ演習を通じて、プロセスアセスメント実施スキル修得を目指します。
対象者 「SPEAK−IPA準アセッサ育成セミナー(Basic)〜プロセス・アセスメント研修(ベーシック)〜」を受講された方、もしくは同等の知識・スキルをお持ちの方。
  開催日  2016年12月12日(月)〜14日(水)
開催地  東京   参加費  3日間通し:9,000円(税込)

締め切りました
  ITプロジェクトの見える化と定量的管理の理論から実践まで
〜見える化の概念、チケット&計測、可視化手法〜
概要 IPA/SECでは、進行中のプロジェクト可視化のため、多くのノウハウを集積して「見える化」手法をまとめました。本セミナーでは、昨今ソフトウェア開発で強く求められている短納期化・低コスト化に向けて、プロジェクト実行過程の定性的可視化と、発生する定量データを活用した、「見える化」手法、定量的マネジメント法を紹介します。
対象者 ソフトウェア開発プロジェクトの運営、管理(マネジメント)に携わる開発現場グループリーダ、プロジェクトマネージャ、開発統括マネージャ、開発環境構築担当者、発注責任者等。
  開催日  2016年12月19日(月)13:30〜17:30
開催地  東京   参加費  2,000円(税込)

空席あります
 
newマーク
システムズエンジニアリング・公開ワークショップ
〜IoTに向けた新しい製品・サービスに求められるシステムズエンジニアリングの実践について考える〜
概要 「IoTに向けた新しい製品・サービスに求められるシステムズエンジニアリングの実践について考える」をテーマに、イノベーティブな製品・サービスを生み出す新しいシナリオ策定のために、要求されるシステムズエンジニアリングの実践と現状とを 照らし合わせ、そのFit/Gapについてアセスメントを実施し、必要アクションを思考するワークショップを公開形式で開催します。
対象者 システムズエンジニアリングに取り組まれている、あるいはこれから取り組まれる方。
  開催日  2016年12月19日(月)13:00〜17:30
開催地  東京   参加費  無料

空席あります
  【SEC特別セミナー】破綻を回避するためのレジリエンスエンジニアリング
〜安全社会実現へのパラダイムシフト〜
概要 レジリエンスエンジニアリングが提唱することの一つは、「物事が正しい方向へと向かうことを保証する、すなわち、うまくいっていることから学ぶ」という新たな考え方への変革を促すことです。
提唱者のエリック・ホルナゲル教授をお招きし、レジリエンスエンジニアリングが様々な産業界で役に立つという視点で紹介していただくとともに、日本の現場でどのように根付かせているか実践者からポイントを伺います。
対象者 一般の方
  開催日  2017年1月12日(木)13:00〜17:30
開催地  東京   参加費  3,000円(税込)

空席あります
  SEC高信頼化技術セミナー
モデルベースシステムズエンジニアリング入門
〜システムを考えるハンズオンワークショップ〜
概要 大規模、複雑化する様々な システム開発において、モデルベースシステムズエンジニアリング(MBSE)が注目されています。本セミナーでは、IPA/SECで作成した「モデルベースシステムズエンジニアリング導入の手引き」を元に、システムズエンジニアリングとMBSEの概要を解説し、その後チーム形式で演習問題を解きながらシステムズエンジニアリングを体感し、モデルベースで考えることへの理解を深めていただきます。
対象者 システムズエンジニアリング、特にMBSEに興味をお持ちの方、導入を考えている方。
製品開発やサービス開発の上流工程を正しく理解したい方。
  開催日  2017年1月13日(金)9:50〜17:00
開催地  東京   参加費  2,000円(税込)

まもなく満席です
 
newマーク
共通フレーム解説とプロセス改善推進セミナー
〜ソフトウェア開発プロセスにおける組織の課題を見つけて改善するために〜
概要 次の3つについて解説します:1. 国際規格に準拠したSLCPの規定である「共通フレーム2013」2. 一般的なプロセス改善手法の一つとして、プロセスアセスメントモデルである「SPEAK-IPA」3. 比較的小規模組織向けのプロセス改善手法として、ソフトウェアの開発・保守・運用等の現場において自ら課題解決策を策定するためのナビゲーション・ツールである「SPINA3CH(スピナッチキューブ)自律改善メソッド」
対象者 品質管理担当、生産技術担当、PJマネージャー、社内標準担当、ISO9000担当、システム開発・保守・運用組織の中でソフトウェア開発業務を改善したいと考えている技術者、リーダー、マネージャー
  開催日  2017年1月18日(水)13:50〜18:10
開催地  東京   参加費  2,000円(税込)

空席あります