本文を印刷する

情報処理技術者試験

SECセミナー開催予定

 SECセミナーは、受益者負担の考え方により、原則有料で実施しております。参加費は、セミナー毎に金額が異なりますので、各セミナーのご案内ページをご確認ください。
※参加申込みは、セミナー開催日の1カ月前を目途に募集を開始します。(SECセミナー参加申込みに関する注意事項こちら
※新たに公開したセミナーはタイトルの上に newマーク が表示されます。
※過去に開催したセミナー情報はこちら (講演資料などを公開しています。)

開催予定一覧

  IPA・ QUEST ・FITCO IoT共催セミナーin 九州
〜IoTで築く九州デジタルイノベーション〜
概要 IPA/SECでは、IoT特有のリスク対策が重視されつつある中で、そのエッセンスを解説した「つながる世界の開発指針」を公開しました。一方では、地域においてもIoTの活用施策が展開されています。ここでは、福岡市IoTコンソーシアム(FITCO)、九州組込みソフトウェアコンソーシアム(QUEST)との共催による講演とパネルディスカッションによりIoTを支える安全・安心の取組みについての方向性を探ります。
対象者 IoTに関心のある九州地区の自治体、経営者、企業、団体の関係者
  開催日  2016年10月3日(月)13:30〜17:30
開催地  福岡   参加費  無料

締め切りました
  共通フレーム解説とプロセス改善推進セミナー
〜ソフトウェア開発プロセスにおける組織の課題を見つけて改善するために〜
概要 次の3つについて解説します:1. 国際規格に準拠したSLCPの規定である「共通フレーム2013」2. 一般的なプロセス改善手法の一つとして、プロセスアセスメントモデルである「SPEAK-IPA」3. 比較的小規模組織向けのプロセス改善手法として、ソフトウェアの開発・保守・運用等の現場において自ら課題解決策を策定するためのナビゲーション・ツールである「SPINA3CH(スピナッチキューブ)自律改善メソッド」
対象者 品質管理担当、生産技術担当、PJマネージャー、社内標準担当、ISO9000担当、システム開発・保守・運用組織の中でソフトウェア開発業務を改善したいと考えている技術者、リーダー、マネージャー
  開催日  2016年10月19日(水)13:50〜18:10
開催地  東京   参加費  3,000円(税込)

空席あります
  IoT時代のセキュリティ設計のポイント
〜これからのセーフティはセキュリティ設計で守る〜
概要 IoT時代の到来を迎えて、セーフティ・セキュリティ対策が必要とされています。そのような状況において、 IPAは今年3月に「つながる世界の開発指針」を、5月に「IoT開発におけるセキュリティ設計の手引き」を公開しました。これら開発指針・手引きを解説し、さらにセーフティとセキュリティの整合性を考えた設計をする方法として「セキュリティ・バイ・デザイン」の考え方を解説します。
対象者 経営層、現場リーダー、ソフトウェアエンジニア
  開催日  2016年10月21日(金)14:00〜17:00
開催地  東京   参加費  2,000円(税込)

空席あります
 
newマーク
はじめてのSTAMP/STPA
〜システム理論に基づく新しい安全性解析手法〜
概要 IoTの進展に伴い大規模・複雑化してきたシステムの安全性解析に有効とされる新たな手法STAMP/STPA(Systems-Theoretic Accident Model and Processes/STAMP based Process Analysis)について、講義と演習を組合わせた体験型セミナーを開催します。
対象者 ・STAMP導入を検討されている方
・システムの安全性確保の責務を負うシステム開発者、ソフトウェア開発者
  開催日  2016年10月21日(金)13:00〜17:00
開催地  東京   参加費  無料

空席あります
  【SEC特別セミナー】東京開催
IoT時代に向けたシステム開発における課題と備え〜システムズエンジニアリングのベストプラクティス事例〜
概要 IPA/SECは、システムを実現させるために複数の専門分野が関わる手法である「システムズエンジニアリング」が近年の複雑化するシステムの開発現場に有効であると考え、ドイツ フラウンホーファー研究機構/IESEと協業し、適用事例やベストプラクティスについて、調査・分析しました。その結果を解説する本セミナーでは、現状のシステム開発の気づきや組織改革のアイデア、回避できうる失敗について、学ぶことができます。
対象者 経営者、製品・サービス開発のマネージメントあるいはリーダー、品質・プロセス管理者
  開催日  10月24日(月)10:00〜17:00
開催地  東京   参加費  無料

ただいま満席です
  【SEC特別セミナー】大阪開催
IoT時代に向けたシステム開発における課題と備え〜システムズエンジニアリングのベストプラクティス事例〜
概要 IPA/SECは、システムを実現させるために複数の専門分野が関わる手法である「システムズエンジニアリング」が近年の複雑化するシステムの開発現場に有効であると考え、ドイツ フラウンホーファー研究機構/IESEと協業し、適用事例やベストプラクティスについて、調査・分析しました。その結果を解説する本セミナーでは、現状のシステム開発の気づきや組織改革のアイデア、回避できうる失敗について、学ぶことができます。
対象者 経営者、製品・サービス開発のマネージメントあるいはリーダー、品質・プロセス管理者
  開催日  10月26日(水)10:00〜17:00
開催地  大阪   参加費  無料

まもなく満席です
  SPEAK−IPA準アセッサ育成セミナー(Basic)
〜プロセス・アセスメント研修(ベーシック)〜
概要 当セミナーは、プロセスアセスメントを実施する人(アセッサ)はもとより、プロセス改善推進者がアセスメントのスキルを身に付け、活用することで改善活動が効果的に推進できるようになることをねらいとしています。アセスメントの国際規格ISO/IEC 15504に準拠したアセスメントキット「SPEAK-IPA」を使用してアセスメントモデルの理解とアセスメント実施のための基本スキル修得を目指します。
対象者 システム開発・保守・運用組織の中でプロセス改善活動を牽引する推進者でプロセスアセスメントにご興味をお持ちの方。
  開催日  2016年10月27日(木)〜28日(金)
開催地  東京   参加費  2日間通し:6,000円(税込)

空席あります
 
newマーク
ET2016/IoT2016併催:IPAセミナー【第1部】 
基調講演/2016年度 SEC journal論文賞表彰式、受賞者講演
概要 国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学 名誉教授 片山卓也氏による基調講演と「2016年度 SEC journal論文賞」の発表と表彰式を行います。
対象者 ソフトウェア開発に関わる方。
  開催日  2016年11月17日(木)10:00〜12:00
開催地  神奈川(パシフィコ横浜)   参加費  無料

空席あります
 
newマーク
ET2016/IoT2016併催:IPAセミナー【第2部】
システムモデリングの新潮流:STAMP/STPA紹介〜システム理論に基づく新しい安全解析手法〜
概要 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)石濱直樹氏による「STPA分析事例(こうのとり)(仮)」と、独立行政法人国立高等専門学校機構仙台高等専門学校 情報システム工学科 准教授 岡本圭史氏による「STAMPの周辺手法とツールの紹介」の講演を行います。
対象者 ・STAMP導入を検討されている方
・システムの安全性確保の責務を負うシステム開発者、ソフトウェア開発者
  開催日  2016年11月17日(木)13:00 〜14:40
開催地  神奈川(パシフィコ横浜)   参加費  無料

空席あります
 
newマーク
ET2016/IoT2016併催:IPAセミナー【第3部】
障害事例の分析により得られた教訓の共有〜経験を共有し、みんなの力でIT社会の安心・安全を築くしくみ
概要 IPA/SEC研究員 目黒達生による「サイバーセキュリティとシステム障害の事例から得られる教訓(仮)」とIPA/SEC研究員 松田充弘による「組込みシステム障害未然防止のための過去トラ・データベースの活用方法(仮)」の講演を行います。
対象者 情報システム/組込みシステムの企画、計画、設計、運用・保守、及び品質管理、システム監査に携わる方。
  開催日  2016年11月17日(木)15:00 〜16:00
開催地  神奈川(パシフィコ横浜)   参加費  無料

空席あります
 
newマーク
ET2016/IoT2016併催:IPAセミナー【第4部】
IoT時代に求められるセーフティ&セキュリティ
概要 国立大学法人名古屋大学大学院 未来社会創造機構 教授 高田広章氏による「IoT時代の到来に向けた安全・安心な社会の構築への取り組み〜分野横断的に活用できる「つながる世界の開発指針」の紹介〜」とIPA/SECソフトウェアグループリーダー 中尾昌善による「IoT時代の開発者に認識してほしい重要ポイント」の講演を行います。
対象者 IoT関連の経営判断を行う経営層、及びプロジェクト遂行/製品開発を行う開発者。
  開催日  2016年11月18日(金)10:00 〜12:00
開催地  神奈川(パシフィコ横浜)   参加費  無料

空席あります
 
newマーク
ET2016/IoT2016併催:IPAセミナー【第5部】
デザイン思考とシステムズエンジニアリング〜IoTに有効なアプローチのご紹介〜
概要 慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科 准教授 白坂成功氏による「IoT時代のシステムデザインアプローチ」とIPA/SEC研究員 神谷慎吾による「事例で示すシステムズエンジニアリング」の講演を行います。
対象者
  開催日  2016年11月18日(金)13:00 〜14:40
開催地  神奈川(パシフィコ横浜)   参加費  無料

空席あります
 
newマーク
ET2016/IoT2016併催:IPAセミナー【第6部】 
SEC BOOKS 新刊公開〜データ白書から見えたソフトウェア開発の現状と課題、ESCR C++言語版の改訂〜
概要 「『ソフトウェア開発データ白書』の取組みと活用方法」の講演と、コーディングの際の注意すべき事項やノウハウなどを体系化したC++言語のコーディング作法ガイドESCR C++ の新版(Ver.2.0)についての講演を行います。
対象者 ソフトウェア開発の定量管理に関心のある方。開発現場のプロジェクトからデータを収集し、精査・分析を通して自社内データ白書を構築している方。プログラム開発者一般やコーディング規約の作成者、レビューアー。
  開催日  2016年11月18日(金)15:00 〜16:00
開催地  神奈川(パシフィコ横浜)   参加費  無料

空席あります
  SPEAK−IPA準アセッサ育成セミナー(Advanced)
〜プロセス・アセスメント研修(アドバンスト)〜
概要 当セミナーは、プロセスアセスメントを実施する人(アセッサ)はもとより、プロセス改善推進者がアセスメントのスキルを身に付け、活用することで改善活動が効果的に推進できるようになることをねらいとしています。アセスメントの国際規格ISO/IEC 15504に準拠したアセスメントキット「SPEAK-IPA」を使用したロールプレイ演習を通じて、プロセスアセスメント実施スキル修得を目指します。
対象者 「SPEAK−IPA準アセッサ育成セミナー(Basic)〜プロセス・アセスメント研修(ベーシック)〜」を受講された方、もしくは同等の知識・スキルをお持ちの方。
  開催日  2016年12月12日(月)〜14日(水)
開催地  東京   参加費  3日間通し:9,000円(税込)

空席あります