本文を印刷する

情報処理技術者試験

SECセミナー開催予定

 SECセミナーは、受益者負担の考え方により、原則有料で実施しております。参加費は、セミナー毎に金額が異なりますので、各セミナーのご案内ページをご確認ください。
※参加申込みは、セミナー開催日の1カ月前を目途に募集を開始します。(SECセミナー参加申込みに関する注意事項こちら
※新たに公開したセミナーはタイトルの上に newマーク が表示されます。
※過去に開催したセミナー情報はこちら (講演資料などを公開しています。)

開催予定一覧

  宮城の活力を創るデジタルイノベーション入門セミナー
〜価値を創るIoTとITシステム開発の強化に向けて〜
概要 IPA/SECは、IoT特有のリスク対策を解説した「つながる世界の開発指針」を公開しました。また、IoTを支えるソフトウェアのライフサイクルプロセス(SLCP)について正しく理解し、開発の品質、コスト、納期(QCD)を維持・向上していくための手法の普及を進めています。本セミナーでは、IoT時代のソフトウェア開発の基盤強化に向けた手法等について解説するとともに、仙台地区の活性化に向けて意見交換をを行います。
対象者 IoTに関心のある、あるいはソフトウェア開発に携わる東北地区の自治体、企業、団体の関係者。
  開催日  2017年2月22日(水)13:00〜17:00
開催地  宮城   参加費  無料

締め切りました
  【SEC特別セミナー】
インダストリー4.0で創る横浜のイノベーション
概要 本セミナーでは、日本とドイツにおけるIoTによるビジネスモデル変革に向けた取り組みを紹介し、そのために必要となるITアプローチについて考察します。また、横浜市は市域全体を活用したIoT推進プラットフォームを構築する予定であり、合わせて横浜市の取り組みについても紹介します。
対象者 インダストリー4.0に関心のある方。横浜市のIoTの取組みに関心のある自治体・企業・団体。
  開催日  2017年2月27日(月)13:00〜17:30
開催地  横浜   参加費  無料

空席あります
  組織のプロセス改善に向けたソフトウェア開発定量管理の勧め
〜基本となる考え方と白書データから得られた知見、企業での実践例を紹介〜
概要 ソフトウェア開発定量管理の主な目的の一つである「組織のプロセス改善」に向け、基本となる考え方と白書データの分析から得られたいくつかの知見を示すとともに、SPI(ソフトウェアプロセス改善)活動と連携した定量管理の実践例を紹介します。合わせて最新版の白書である「ソフトウェア開発デー白書2016-2017」について紹介します。
対象者 ユーザー系、ベンダー系を問わず、開発現場のプロジェクトからデータを収集し、精査・分析を通して自社内データ白書を構築している方。定量データの組織的活用サイクルを推進する管理部門の方など。
  開催日  2017年2月28日(火)13:30〜17:50
開催地  東京   参加費  3,000円(税込)

まもなく満席です
  【神戸】社会とビジネスを変えるIoTセミナー〜最新事例から学ぶ〜
概要 本セミナーでは、最近よく耳にするIT、ICT、IoT、AIといった用語の説明から、どのように活用できるの?どのような未来に世の中が進むの?などの疑問に、活用事例を紹介しながら解りやすくお答えします。みなさまの経営課題の解決に繋がるヒントが得られることを期待します。
対象者 IoT/ICTに興味のある方、経営者(一般)
  開催日  2017年3月1日(水)13:30〜16:30
開催地  神戸   参加費  無料

※外部サイトで受付
  【福岡】社会とビジネスを変えるIoTセミナー〜最新事例から学ぶ〜
概要 本セミナーでは、最近よく耳にするIT、ICT、IoT、AIといった用語の説明から、どのように活用できるの?どのような未来に世の中が進むの?などの疑問に、活用事例を紹介しながら解りやすくお答えします。みなさまの経営課題の解決に繋がるヒントが得られることを期待します。
対象者 IoT/ICTに興味のある方、経営者(一般)
  開催日  2017年3月2日(木)13:30〜15:40
開催地  福岡   参加費  無料

※外部サイトで受付
  事例から学ぶITサービスの高信頼化へのアプローチ【第4回】
〜システム障害事例分析から導出した教訓共有のすすめ(演習付)〜
概要 情報処理システムが障害を起こした際に社会に与える影響は大きくなってきています。本セミナーではIPA/SECが収集したシステム障害事例情報の分析と対策の検討から得られた「情報処理システム高信頼化教訓集(ITサービス編)」を解説し、ワークショップ型式で事例分析の演習を行います。本セミナーを受講することでシステム障害対策への気づきが得られ自社での再発防止、未然防止に活用することが出来ます。
対象者 情報システムの企画、計画、設計、運用・保守、及び品質管理、システム監査に携わる方。
  開催日  2017年3月8日(水)13:30〜17:15
開催地  東京   参加費  2,000円(税込)

空席あります
 
newマーク
システム開発の“今”と“これから”
〜システムズエンジニアリングを活用するために〜
概要 ICT技術の進展に伴い、利用者からの要請や期待も高度化し、製品やサービスにとって、対応すべきことが複雑化、高度化の一途をたどっています。さらに近年、 多様な専門領域にまたがった複雑な取組みが増加しており、製品/サービスの企画や開発を進める上での影響範囲が広がり、困難度が高まっています。このような状況・課題の克服に有効なアプローチとなるシステムズエンジニアリングについて、企業の事例を交え紹介します。
対象者 システムズエンジニアリングに取り組まれている、あるいはこれから取り組まれる方。
  開催日  2017年3月13日(月)13:00〜17:00
開催地  東京   参加費  2,000円(税込)

空席あります