本文を印刷する

情報処理技術者試験

ソフトウェア高信頼化

最終更新日 2017年4月28日

スタンドアロン型プロジェクト診断支援ツール

   この度、開発データ活用促進への取組みの一環として、一般の利用者(特に定量的アプローチを実施あるいは実施しようとしている企業)向けに、Excelを利用した[スタンドアロン型プロジェクト診断支援ツール」を開発いたしました。
   本ツールは、定量的アプローチにより工学的・科学的にプロジェクト計画を推進できるようにするため、SECで2005年から発行している「ソフトウェア開発データ白書」(以下「データ白書」)と同じ分析が、利用者自身の収集したデータで容易にできます。
   収集項目の絞り込みと収集したデータでの図表作成機能を持たせたことで、これまで「必要だがなかなか定量的計測に取り組めなかった」現場でもこのツールを利用することで、データの収集や分析が容易にできるようになります。
   なお、入力するデータ項目の定義はデータ白書の付録A「データ項目の定義」に記載がありますので参照ください。
   また、自社開発の特徴や傾向を客観的に把握すると共に、プロジェクトの目標設定、プロジェクト評価および改善に役立てていただければ幸いです。

本ツールの特徴

・収集項目を約50項目に絞り、入力が容易
・入力自身を極力選択式にしてあり、入力の手間が少ない
・入力データの自動精査機能があり、蓄積データの精度が高い
・複雑なデータベースシステムがなくても、簡便にデータ蓄積ができる
・蓄積したデータからデータ白書にある14種類の図表と信頼幅が作成でき、自身のデータでベンチマーキングが可能
・スタンドアロン型のため気軽に各自が利用できる

なお、今後のツール改善のため、アンケートをご送付させていただきますので、ご回答いただければ幸いです。
本アンケートの結果は一般公開いたしません。また、本目的以外には利用いたしません。

スタンドアロン型プロジェクト診断支援ツール概要

動作環境

・Windows Vista
   対象ソフトウェア MS-Office2007(Excel2007)/MS-Office2010(Excel2010)
・Windows 7
   対象ソフトウェア MS-Office2010(Excel2010)

ダウンロード

ダウンロードにはログインが必要です。
ログインするとこの位置に利用許諾書とダウンロードリンクが表示されます。
利用許諾書PDF版はこちら

更新履歴

2014年8月25日 ・ツールと利用マニュアルをWindows 7対応版へ差し替えました。
2015年7月29日 ・ツールを差し替えました。
2015年11月4日 ・「規模−発生不具合密度」のグラフ作画時、「型が一致しません」というエラーとなる不具合を修正。
2017年4月28日 ・「定量データに基づくプロジェクト診断支援ツール」のサービス終了に伴い、本ツールの特徴の修正及び、図を差し替えました。