本文を印刷する

情報処理技術者試験

IPAセミナー【 テクニカルセッション 第6部 】

開催情報

  本セミナーは、「Embedded Technology 2013」にて開催する、8部構成セミナーの【 テクニカルセッション 第6部 】です

セミナー各部は以下の通りです。
<11月21日(木)>
IPAセミナー【 基調講演 1日目 】
IPAセミナー【 テクニカルセッション 第1部 】
IPAセミナー【 テクニカルセッション 第2部 】
IPAセミナー【 テクニカルセッション 第3部 】

<11月22日(金)>
IPAセミナー【 基調講演 2日目 】
IPAセミナー【 テクニカルセッション 第4部 】
IPAセミナー【 テクニカルセッション 第5部 】
IPAセミナー【 テクニカルセッション 第6部 】

イベント概要ページへ戻る>>



UP  講演資料を公開しました。プログラム概要欄よりダウンロードいただけます。
  セミナー動画を公開しました。プログラム概要欄より視聴いただけます。

主催 一般社団法人 組込みシステム技術協会(JASA)
共催 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
開催日時 2013年11月22日(金)15:30〜16:40
開催場所 パシフィコ横浜 アネックスホール2階 F205(≫MAP
定員 150名
参加費 無料

※「Embedded Technology 2013(ET2013) IPAセミナー」は全プログラム入替制となりますのでご了承ください。
※ 遅刻された際、お申込みをいただいたお客様でも当該セミナーが満席となりますとご入場できかねる場合がございます(お早目にお越しください)。
※参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。

※お席に限りがありますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をお願いさせていただく場合があります。

ITコーディネータの方へ

本セミナーは、ITコーディネータ協会(ITCA)に後援をいただいていますので、実践力ポイント獲得の機会となります。ITコーディネータの方も奮ってご参加ください。
※ポイント認定につきましては、遅刻・早退を認めておりませんので、あらかじめご了承ください。

出席証明書はセミナー受付時にお渡ししますのでお申し出ください。  
セミナー終了後、事務局確認印を押印いたします。
氏名、ITC資格No.をご記入の上、受付にお越しください。(事務局確認印が無い場合、ポイントは無効です)

プログラム

時刻 概要
15:00 受付
15:30
〜16:40
IPAセミナー【 テクニカルセッション 第6部

生産性・品質向上を効率的に進めるための『ゴール指向経営』


製品・システムの開発プロジェクトにおいては、何のためにその製品・システムが使用されるかということを十分に考えた開発が行われなければ、使いものにならない、利用されない製品・機能となってしまいます。また、多くの開発プロジェクト間の優先順位についても、単に大きな声に従うというものではなく、関係すると推定される複数の要素を十分考察しないと期待された成果を出し難いと考えられる。
このような問題に対応するために、ステークホルダー間で客観的判断を行える手法が求められています。

IPA/SECでは、ドイツ・フラウンホーファー協会IESEからのGQM+Strategiesという手法を複数の企業において試行し、どのように導入すれば日本で有効に活用できるかの共同研究を実施してきました。
本セッションにおいては、ある会社での試行から得られたものをベースにして、IPA/SEC作業部会や早稲田大学、ITコーディネータ協会での研究会において検討してきたものを紹介します。

なお、GQM+Strategiesに関する詳細資料は、SECのWEBページから入手可能です。
<URL> http://sec.ipa.go.jp/reports/20130325.html


伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
金融・社会インフラシステム技術開発室 コンサルティング1部 部長
野村  典文  氏

IPA/SEC 研究員
平林  大典
講演資料ダウンロードPDF[1.97MB]


※動画が再生できない場合はこちら

 

参加申込み

締め切り日時:2013年11月21日(木)  17時00分

お申込みは締め切りました。