本文を印刷する

情報処理技術者試験

マネージャが現場で使える定量的なプロジェクトマネジメント
〜プロジェクトの動的管理と静的管理について〜

開催情報

 システム開発やソフトウェア開発の現場においては、進行中のプロジェクトのリアルタイムな見える化や、過去のプロジェクト実績の活用は十分に行われていないという実状があります。そのため、ITプロジェクトやソフトウェア開発プロセスにおいても定量的見える化の追求、新たな価値創出を行うことが重要です。
 また、収集したデータを十分に活用することで、生産性・信頼性変動要因の分析や工程毎成果物量の分析などが実現できます。
 本セミナーでは、ITプロジェクトにおける定量的マネジメントの概要と進め方、定量管理の基本となる考え方(ベンチマーキング)と最新版の白書である「ソフトウェア開発データ白書2016-2017」について紹介します。

※本セミナーは、2017年3月24日開催のセミナーと一部同じ内容を含みます。

主催 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
開催日時 2017年10月24日(火)13:30〜17:00
開催場所 〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス13階
独立行政法人情報処理推進機構内 会議室
アクセスマップ
定員 40名
参加費 2,000円(税込)
・参加費は、会場受付時に現金でお支払いをお願いいたします。
・受付にて、領収証を発行いたします。
・お釣りのないようにご用意をお願いいたします。
募集対象 製品やシステム全般に関わるソフトウェア開発マネージャ
ITプロジェクトの進捗管理を担当しているマネージャ
定量データの組織的活用サイクルを推進する管理部門の方
配布物 ソフトウェア開発データ白書2016-2017
・事業成果集DVD 「IPA/SEC 早わかり 2017」

※セミナー会場でのお食事はお断りしております。ご了承ください。(飲み物のお持ち込みは可能です。)

プログラム

※プログラムが変更になる場合があります。

時刻 概要
13:00 受付
13:30〜
14:30
定量的マネジメントの概要と進め方

なぜ定量的マネジメントが必要なのか?プロジェクトの定量的見える化や品質の見える化など概論を説明し、課題や進め方を解説します。

一般社団法人実践的プロジェクトマネジメント推進協会 代表理事
今井 元一 氏
14:30〜
14:40
休憩
14:40〜
15:40
プロジェクトの動的管理
〜定量的プロジェクト管理の実際〜


ITプロジェクトに関する組織的な課題など実際に管理を進めるにあたり、主な管理要素や品質・コスト・進捗の定量的管理について、事例を交えながら解説します。

一般社団法人実践的プロジェクトマネジメント推進協会 理事
松田 雅幸 氏
15:40〜
15:50
休憩
15:50〜
16:50
プロジェクトの静的管理
〜「ソフトウェア開発データ白書2016-2017」の紹介〜


IPA/SECでは、ソフトウェアの定量管理における参照データ(ベンチマーク)の提供を目的として、エンタプライズ系分野における国内の多様なソフトウェア開発のプロジェクトデータを収集・分析した「ソフトウェア開発データ白書」を定期的に発行してきました。
本講演では、プロジェクトの静的管理の基本となる「ベンチマーキング」の考え方を紹介するとともに、新規分析項目を中心に、最新版データ白書の内容を紹介します。

IPA/SEC 研究員
峯尾 正美
16:50〜
17:00
クロージング

参加申込み

締め切り日時:2017年10月23日(月)  17時00分



お申込みは締め切りました。

よくある質問と回答はこちら

※申込み後にこのページに表示される受講票をプリントアウトしてご持参ください。
 スマートフォンやタブレット端末でご提示いただくことも可能です。
※参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。


※お席に限りがありますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をお願いさせていただく場合があります。