本文を印刷する

情報処理技術者試験

IoT時代のシステム開発の課題に立ち向かう
〜システムズエンジニアリング導入の薦め〜

開催情報

 IoT時代には、様々な機器やシステムがつながって、新しい価値が生み出されていきます。一方で、機器やシステムを形成する構成要素間や他システムとの間の相互関係が複雑なものになり、従来の開発方法ではその価値の実現と品質の担保が難しくなっています。
 このような環境変化に対応するために、開発のパラダイムシフトとして注目を集めているのが、「システムズエンジニアリング」です。
 本セミナーではシステムズエンジニアリングについて、導入のきっかけとなるよう、その適用事例や有効性について企業の事例を交え紹介します。

※本セミナーは、2017年6月30日、9月27日開催のセミナーと一部同一の内容を含みます。

主催 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
後援 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(ITCA)
開催日時 2018年3月15日(木)13:30〜17:20
開催場所 〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス13階
独立行政法人情報処理推進機構内 会議室
アクセスマップ
定員 50名
参加費 2,000円(税込)
・参加費は、会場受付時に現金でお支払いをお願いいたします。
・受付にて、領収証を発行いたします。
・お釣りのないようにご用意をお願いいたします。
募集対象 製品・サービスに携わる事業者(経営者・開発責任者・品質責任者・開発者)。
システムズエンジニアリングにこれから取り組まれる方。
配布物 開発者のためのシステムズエンジニアリング導入の薦め
経営者のためのシステムズエンジニアリング導入の薦め
・事業成果集DVD 「IPA/SEC 早わかり(最新版)」

※セミナー会場でのお食事はお断りしております。ご了承ください。(飲み物のお持ち込みは可能です。)

ITコーディネータの方へ

本セミナーは、ITコーディネータ協会(ITCA)に後援をいただいていますので、実践力ポイント獲得の機会となります。ITコーディネータの方も奮ってご参加ください。
※ポイント認定につきましては、遅刻・早退を認めておりませんので、あらかじめご了承ください。

出席証明書はセミナー受付時にお渡ししますのでお申し出ください。  
セミナー終了後、事務局確認印を押印いたします。
氏名、ITC資格No.をご記入の上、受付にお越しください。(事務局確認印が無い場合、ポイントは無効です)

プログラム

※プログラムが変更になる場合があります。

時刻 概要
13:00 受付
13:30〜
14:30
IoT時代のシステム開発の課題に立ち向かうためのシステムズエンジニアリング

IoTやAIなどの新たな技術トレンドを含めたシステムを開発していくためには、システムをデザインする方法論を正しく理解した上で、特徴に合わせたアプローチを取る必要があります。
本講演では、システムズエンジニアリングの基礎を説明した上で、近年の特徴に合わせたアプローチを紹介します。

慶應義塾大学大学院 教授
白坂 成功 氏
14:30〜
15:20
システムズエンジニアリングの概要と導入の薦め

この度IPAでは、これからシステムズエンジニアリングを導入しようと考えている製品/サービスの企画・開発担当者に向けて、その必要性、有効性をご理解いただき、実際の導入を進める一助となるよう「開発者のためのシステムズエンジニアリング導入の薦め」を公開しました。
本講演では、この「開発者のためのシステムズエンジニアリング導入の薦め」をベースにシステムズエンジニアリングとは何か、どのように有効なのか、および導入のためのヒントについて解説します。

IPA/SEC 研究員
齋藤 毅
15:20〜
15:40
休憩
15:40〜
16:25
システムズエンジニアリングの視点から見たWebスキャンツールの開発ストーリー

処理枚数の向上や軽量化など、目新しい新機能がなく停滞感があったドキュメントスキャナー開発に新しい発想を投げ込むため、事業部横断のタスクフォースを採用しました。
活動初期、特別にシステムズエンジニアリングを意識してはいなかったものの、製品(ドキュメントスキャナー)について詳細を知らないメンバーが主導したが故に、マーケットイン型の提案を始め、システムズエンジニアリングに近い活動を実施できた経緯をご案内します。

キヤノン電子株式会社 専務執行役員
服部 清幸 氏

キヤノン電子株式会社 室長
三浦 大樹 氏
16:25〜
17:00
地域活性化に向けた情報共有基盤構築の取組み

アニメコンテンツを用いることで、全国から若年層を集客し、地域の活性化につなげた事例を紹介します。
自治体、商店街、交通事業者、出版社、プロ野球球団など、多様なステークホルダを巻き込みながら都度ニーズと要求を明確化し、全体を俯瞰しながら段階的に対象システム(SoI)を拡張・改変して価値を高めていくというアプローチで、参加者の属性や動線データを取得し、継続的な地域活性化活動につなげた取組みです。
本講演では、この取組みをシステムズエンジニアリングの観点から紹介します。

株式会社富士通総研 取締役執行役員常務
長堀 泉 氏
17:00〜
17:20
クロージング

IPA/SEC 研究員
齋藤 毅

参加申込み

締め切り日時:2018年3月14日(水)  17時00分



セミナーに関するよくある質問と回答はこちら

※セミナー申込み後にこのページに表示される受講票をプリントアウトしてご持参ください。
 スマートフォンやタブレット端末でご提示いただくことも可能です。
※参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。


※お席に限りがありますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をお願いさせていただく場合があります。

お申込みは締め切りました。