本文を印刷する

情報処理技術者試験

SECセミナー開催予定

 SECセミナーは、受益者負担の考え方により、原則有料で実施しております。参加費は、セミナー毎に金額が異なりますので、各セミナーのご案内ページをご確認ください。
※参加申込みは、セミナー開催日の1カ月前を目途に募集を開始します。(SECセミナー参加申込みに関する注意事項こちら
※新たに公開したセミナーはタイトルの上に newマーク が表示されます。
※過去に開催したセミナー情報はこちら (講演資料などを公開しています。)

開催予定一覧

  障害事例から学ぶ設計ミスの防止方法(組込みシステム編)
〜障害未然防止のための設計知識の整理手法紹介(演習付き)〜
概要 本セミナーでは、障害情報記録から、障害未然防止のための設計知識を抽出して整理する方法を紹介します。次に、グループ演習を通じてその方法を体験していただきます。
対象者 組込みシステム関連企業のエンジニアリング部門の方
  開催日  2018年2月23日(金)14:00〜17:30
開催地  東京   参加費  2,000円(税込)

空席あります
  安全・セキュリティ技術のフロンティア
〜STAMP/STPAのセキュリティ適用に向けて〜
概要 本セミナーではSTAMP/STPAの安全性解析の解説を行ったうえで、セキュリティ・バイ・デザインと脅威分析の必要性、STPAのセキュリティ適用、IoT時代のリスク評価について解説します。
対象者 安全分析を学びたいセキュリティ技術者、セキュリティと安全性向上に課題意識を持っている方、安全性解析手法STAMP/STPAに興味のある方、これから取り組まれる方。
  開催日  2018年2月27日(火)13:00〜16:50
開催地  横浜   参加費  無料

まもなく満席です
  組込みソフトウェア開発の現場に役立つメトリクスとは?
〜定量データ活用推進ワークショップセミナー〜
概要 IPA/SECは、組込みソフトウェア開発の健全なプロジェクトの運営のために、メトリクス活用を推進してきました。本セミナーでは、組込みソフトウェア開発の現場にメトリクスを導入して品質を組織的に確保しようとしている事例紹介と組込みシステム開発現場へのメトリクス導入や活用についての課題をテーマにして、全員参加型のパネル討議を行います。
対象者 組込みソフトウェア開発に関わる品証部門、PMO、エンジニアリング推進部門等開発現場を支援する立場の方。開発部門で組織的な開発に意欲的な方。
  開催日  2018年2月28日(水)13:30〜17:40
開催地  東京   参加費  2,000円(税込)

空席あります
  事例から学ぶITサービス高信頼化へのアプローチ(第4回)
〜障害事例から根本原因を分析し教訓化するプロセスを学習〜
概要 情報処理システムが障害を起こした際に社会に与える影響は大きくなってきています。本セミナーではIPA/SECが収集したシステム運用における障害事例情報の分析と対策の検討から得られた「情報処理システム高信頼化教訓集(ITサービス編)」を解説し、ワークショップ形式で事例分析の演習を行います。本セミナーを受講することでシステム障害対策への気づきが得られ自社での再発防止、未然防止に活用することが出来ます。
対象者 情報システムの企画、計画、設計、運用・保守、及び品質管理、システム監査に携わる方。
  開催日  2018年3月7日(水)13:00〜17:30
開催地  東京   参加費  2,000円(税込)

まもなく満席です
  IoT時代のシステム開発の課題に立ち向かう
〜システムズエンジニアリング導入の薦め〜
概要 IT技術の進展に伴い、利用者からの要請や期待が高度化したことにより、製品やサービスにおける対応すべきことが複雑化、高度化の一途をたどっています。さらに近年、多様な専門領域にまたがった複雑な取組みが増加しており製品/サービスの企画や開発を進める上での影響範囲が広がり、困難度が高まっています。このような状況・課題の克服に有効なアプローチとなるシステムズエンジニアリングについて、企業の事例を交え紹介します。
対象者 製品・サービスに携わる事業者(経営者・開発責任者・品質責任者・開発者)。
システムズエンジニアリングにこれから取り組まれる方。
  開催日  2018年3月15日(木)13:30〜17:20
開催地  東京   参加費  2,000円(税込)

空席あります
 
newマーク
上流工程強化セミナー in 大阪
〜システム再構築を成功に導くために〜
概要 長期にわたって保守開発をしてきたシステムは、レガシー化が進んでいませんか?このようなシステムの再構築は、簡単ではありません。そこには、「現行業務仕様の理解不足」などによる再構築に特有の難しさという問題が内在します。この問題の解決には、上流工程においてリスクを明らかにして、対策をユーザ企業とベンダ企業で合意することが重要であるため、合意形成する際に役立つ事例を交えて、課題解決のポイントを解説します。
対象者 ユーザ企業やベンダ企業でシステム再構築に関する企画・立案を行う方
今後システム再構築を検討される方、システム再構築に興味のある方
  開催日  2018年3月17日(土)13:30〜16:45
開催地  大阪   参加費  無料

空席あります
  システムの信頼性向上に向けたソフトウェア開発定量管理の勧め
〜基本となる考え方(ベンチマーキング)と企業での導入事例を紹介〜
概要 本セミナーでは、ソフトウェアの定量管理の普及に向け、基本となる考え方(ベンチマーキング)を示した「統計指標に基づく品質マネジメント実践集」を紹介するとともに、企業における導入事例、最新版の「ソフトウェア開発データ白書2016-2017」を紹介します。
対象者 ユーザー系、ベンダー系を問わず、開発現場のプロジェクトからデータを収集し、精査・分析を通して自社内データ白書を構築している方。定量データの組織的活用サイクルを推進する管理部門の方。
  開催日  2018年3月23日(金)14:00〜17:20
開催地  東京   参加費  3,000円(税込)

空席あります
 
newマーク
失敗しない要件定義の勘どころ
〜ビジネス要求を正しくシステム化要件として定義するポイントの解説〜
概要 IPA/SECでは「ユーザのための要件定義ガイド〜要求を明確にするための勘どころ〜」を発行しました。このガイドでは、ユーザ企業が意識して進めなければならない要件定義の勘どころ、ユーザ企業と開発企業が共通認識し協力しあって進めなければならない要件定義の勘どころを提示しています。本セミナーでは、要件定義実務者が現場で実践する際に役立つノウハウや事例を解説します。
対象者 ユーザ企業もしくはベンダ企業で、要件定義を担当する実務者やプロジェクト責任者など。
  開催日  2018年3月28日(水)13:30〜17:30
開催地  東京   参加費  2,000円(税込)

空席あります